同居の続け方 ①

姑とただいま同居しています。
気がつけば、自分の親より長く一緒に住んでいます。


私事の話になります。


同居を始めた頃は、義祖母、義父母、義妹と一緒で、私だけがその家に馴染むことない家庭でした。台所一つで主婦3人の家です。


いきなり馴染めるはずも無いのですが、育った環境との違いに、精神的にもクタクタになる日々を送ってました。


そんな究極な日々で思っていたのは、1日を終わらせる事のみです。
未来の夢や希望も考えないようにしていました。


そしてまず、自分を保護する為に行った事は、20時以降は部屋に籠ることです。
家事を時間で区切るようにしました。
次の朝洗い物がいっぱいでも良いです。
20時以降は自分達だけの時間を過ごしました。



今でも20時過ぎると部屋に行きたくなります😁💦


あと、赤ちゃんの世話は自分の部屋でしました。オムツ替え、母乳をあげるのを部屋に戻るきっかけにしていたのです。


どんなに穏やかにと思っても、なかなか難しいです。
義祖母と義母の関係が最悪にすでになっていました。
その中私達夫婦が戻っても、改善しません。それが当たり前の毎日なのですから。


あの頃の私は、子供を大事にして、自分の心を穏やかにする事がやっとの日々を過ごしました。


長文になりましたので、今回は昔話で終わらせて貰います。
お読み頂きありがとうございます。


苦い、もう戻りたくない日々を語ってしまいました。まだ20代半ばの若い私なのに、です😢
次回は今思う事を語らせて下さい。


天候が荒れてきました、
どうぞ気を付けてお過ごし下さい🙏


《今日の作品》
手毬です。
丁寧に一針づつ縫って、綺麗な模様を作ります。
丁寧が苦手ですけど、形になりました。アップで見ないで下さいね😁

f:id:kinsankinsan:20150420135641j:plain




広告を非表示にする