同居義母の想い。

 先日、母の日に義母と二人でランチしに行きました。


もう直ぐ80才です。
経済力も私達よりあります。


会話の中で、
『もう少し、生きさせて貰うから、よろしく。』
と、私は、
『どうぞ、私よりも。』
義母、
『それだけは、絶対嫌。』
この話は、これで終わりました。


がん転移している私の言葉は冗談にはなりません。
軽く言い出した、義母の返答には申し訳無かったかもしれません。


考えると、反面教師をできるだけしてきた、義母の姿が見えてきました。


元々、自分で何でもやる性格ですが、義祖母の世話やお寺の毎年ある諸手続など、嫁としてやるべき事を全うして見せていたのかもしれません。


順番、と死の事もよく言いますね。


順番、守り私も義母の世話をしてあげたいものです。
大変そうだと、想像出来ますが💦💦


そして、まだ産まれるだろう孫の時も元気で居なければなりません。。。


義妹がいるので、義母はきっと寂しい想いはしないとも思えるのが、救いです。


何だか、私の先が無いような話になってしまいましたが、まだまだ平気です。


来月、又、病院でCT検査があるので、弱気になってしまったかな😓


皆んなに心配かけています🙇💦


《今日の作品》
パステル画です。
下手ですが見てください💦💦💦
うちのももとムーミンです😁f:id:kinsankinsan:20150516065434j:image



広告を非表示にする