あがり症。

調べるとあがり症と対人恐怖症は一緒だと書かれている物があります。


でも、対人恐怖症と言われると、相当。。。と思ってしまいますので、あがり症と言うことで、私と娘の話をさせて下さい。


赤面症もあった私です。
今でも恥ずかしと真っ赤になってしまいます。
そんな性格が得した事は無いです。


私の子供の頃は、授業で手を上げて答える事も出来ませんでした。
人に笑われたく無いと強く思っていたのでしょう。
主張も出来ない、自信のない子です。


あがり症を調べると、もう一つ面白い言葉がありました。
《日本人の恥じる文化》が影響していると。
『恥ずかしいと思いなさい。』
そんな言葉が増長させる元になっているのかもしれませんね。


私は未だ持って、大勢の人前で話すのは、あがります。失敗を恐れます。なるほど、恥じるですね。


でも、遺伝もかなりあるのではと思えたのが、娘のあがり症です。


3才からピアノを習い、発表会で大勢の人前て真っ赤になり、顔をなぜかかく娘を見ました。


見ていて私も緊張MAXです(°_°)


七五三で、写真屋さんに着物とドレスを着せて、前撮りに行った時も、真っ赤で緊張した顔、顔をかき、瞬きが多く、写真屋さんを困らせました。


もっと可愛く写して欲しかったです。


娘も私のように、損してしまう?
克服するには慣れかしら?
と密かに改善方法を模索しました。


でも、普段はそれほどでも無く普通に元気に友達と遊びます。


1人で注目されるのが苦手なのでしょう。


毎年あった、ピアノの発表会は、娘が社会人になるまで続いたのですが、ずっと変わらず娘と共に私も緊張して、
『母ちゃんの顔が見えると緊張する。』
と言われたこともあります。
緊張オーラを客席からも放っていたのですね(°_°)


でも、娘は私のように、酷いあがり症では無いのだと安心はしました。


普段は、友達や先生と良く話しているようでしたし、同居なので、大人が多い家庭で育ち、大人にも物怖じせず話せます。

兄はあがり症だと思った事はありません。良かったです。


子供二人共、大人慣れで得したとも思えます。同居の良い点ですね。


大人から良く褒めてもらい、可愛がって頂きました。



克服方法はやっぱり慣れなのかしら??!
日本人に多いなら、仕方ないことですね。



この頃疲れています。
連日出かけているせいか、薬のせいか。陽気のせいか?
知らず知らずに居眠りして、時々携帯の画面を変にします。


ブログはiPhoneで書いてます。
パソコンは苦手ですので(^_^)a


訳分からない画面を見ましたら、居眠りしているんだと思って下さい。
確かです。


そういう時は早く寝なさい‼︎ですよね。


皆さん、良い一日となりますように(*^^*


《今日の作品》
パステル画です。
早く夏が過ぎて、実りの、読書の秋を楽しみたいと夏も来ないのに思うこの頃、秋の絵です。


鎌倉の紫陽花が有名な明月院
秋も素敵です。
年に数回行く、私の好きな場所です。


季節外れですいません。

f:id:kinsankinsan:20150528224903j:image















広告を非表示にする