乳がんになった頃。

11年前、乳がんになった頃、私は抱えきれないほどのたくさんの事を身に纏っていました。


6年前、転移しても、肝臓は抗がん剤で治り、骨の治療をしている今ですが、臓器に転移しないところを見ると、がん体質では無いようです。


そんな私ががんになったのは、生活と食事だろうと思えます。


11年前の当時はパート6年目、チェーン店のパン屋です。
20代 の若い店長は気分の起伏がとても激しかったです。
私自身も雇用形態にも不満があり、徐々に会話をすることも無くなり、最悪な雰囲気の職場でした。


それでも、何かを辞めることが苦手な私です。毎週4〜5日パートに行っていました。


パート先は、自宅から自転車で15分ほどです。
そのパート先から自転車で8分ほどの所に、父が一人暮らしをしていました。



兄弟の中では、私が一番近くに住んでいました。


糖尿病を患っているのに、病院で治療をしようとしない父は、だんだんと歩くのも不自由になっていきました。
私は心配で、仕事帰りに買い物して実家に寄りました。


家事をして、一緒に食事して帰ると、休む暇なく自宅で夕飯の用意をしなければいけません。
義母との関係も悪くしない為です。


毎日疲れていました。


一日立ち仕事で身体も心もヘトヘトで、呼吸するのも苦しいと思える時を過ごしていました。


父を一人にして置く不安はありましたが、病院嫌いの父を通院させるには、私が手を貸しすぎてはいけないと思えてもいました。


父は、歩けなくなり、やっと病院へ行くと言い、直ぐ入院となりました。


その頃、胸のしこりが気になりました。
まさか?!と思ってました。


毎日忙しいので、1カ月そのままにしていたのですが、病院へ行くと、次回主人を連れて来るように言われて、主人と行った時に、乳がんと。。。


主治医の話を聞きながら涙が止まりませんでした。


がんの知識はありません。
がん=死という考えが、頭の中を支配しました。


手術の日もすでに決めてくれてました。


その後に及んでも、
『仕事があるので。。。』
などと言った私に、主治医は、
『仕事どころではありません!』
と。。。。


やっと仕事を辞められました。


父を他の兄弟に頼むには、皆片道1時間くらいの距離に住んで、それぞれ忙しそうです。


妹の家に1年ほど前から母が住んでいました。


母に話しました。
父にも話しました。
又一緒に住む事になりました。
嬉しかったです。


父の心配は、母が戻った事で無くなりました。


私の負担を減らし、治療に専念するために、姉妹も度々、父母の所に行くようになりました。


その頃の私は、健康に自信がありました。
精神的にもです。


私は出来る事は私がやる。
と、抱えてた荷物は、乳がんになる事で、かなり軽くなりました。


病気にならなければ、その行動に移れなかったのです。
愚かです。


6年前の転移の時も、仕事を二つ掛け持ち、時間の余裕を失いかけていました。
又抱え始めた荷物を下ろす為、病気になったのでしょう。


肉食、油物が多い家庭です。
身体に合わなかったのかもしれませんけど、一番の原因はストレスと思えます。


精神ダメージが身体の不調として出るようです。


これからはのんびり、ストレス解消しながら、病気と付き合っていきます。


どうぞ皆さんも荷物を抱え過ぎないように、楽しい毎日をお過ごし下さい
(^人^)


長文にお付き合い、ありがとうございます(#^.^#)

素敵な一日となりますように(^人^)


《今日の作品》
七宝焼のハイビスカスです。
少々、絵具(釉薬)が少なかった為、銅板が見えて黒点が出来てしまいました(・・;)

裏にブローチ、ペンダント、どちらでも使えるように、金具をABボンドで付けてあります。
ABボンドが七宝焼には使いやすいです。
f:id:kinsankinsan:20150613212930j:image





広告を非表示にする