この夏の猫騒動。(疥癬)

今、落ち着いたから言える、猫騒動が、我が家でこの夏の起こっていました。


飼い猫の顔が、とても醜くただれてしまったのです。大きなかさぶただらけで悲惨でした。


2匹ともです。


2匹で、顔を掻きまくっていたので、自分で傷を付けているようにも見えて、思い当たることは、ノミかと思いました。


ノミ駆除に、首輪を買ったり、駆除シートをひいたり、ノミ取り櫛でとかしたりしました。


確かに、数匹ノミも取れました。


でも、日増しに傷も増えて、悪くなる一方で、自宅治療を諦めて、獣医さんに連れて行ったら、ダニ、でした(>人<;)


『同じ症状の猫を自宅近くで見かけませんか?』
と聞かれて、

いました。
気になっている野良猫が。


顔がボロボロで、家にも数回入り餌を食べ、数ヶ月、家の周りにいた、年老いた猫が(T . T)


その猫から移ったものでした。


8才のオス猫は、2週間おきに注射を3回して、みるみる回復して、今では前のように良い顔になりました。


その注射が、今年ノーベル賞受賞した、大村智さんが作った、
"抗寄生虫薬、イベルメクチン"だそうです。
疥癬症でしたので。


獣医さんも、とてもいい薬を作ってくれた。と言っていましたが、大村智さん、本当ありがとうございます(^人^)


しかし、驚きました。
今まで15年猫を飼っていて、初めての症状でしたから。


ダニだと言う言葉も恐ろしく、家掃除、しばらく頑張りました⁈


人にも移る事があると聞き、猫に触るのも、少々躊躇してしまいました。


本当、飼い猫2匹、ボロボロな顔で、元気も無く、みんな大騒動でした。。。
とんだ災難でしたよ〜(*_*)
早く獣医さんに連れて行けば解決しましたねf^_^;)


ネットで、
『猫の顔  ボロボロ』
と調べたらこの病状の様な説明が出てきて、獣医さんに連れて行き、治して貰う症状だと知りました。
早くネットで調べれば解決しましたね
f^_^;)


16才の猫は、首の後ろに付ける液体薬で治してもらいました。月に一度、2回つけました。


猫を飼っている方、どうぞご注意を
(>人<;)
家では治せませんf^_^;)


飼い猫を、外に出さないのが、一番なのですが。。。。。出来そうもありません。


少々、かゆい話で不快になりましたら、申し訳ありません。
今年の反省も込めて書かせて貰いました。




孫娘が熱をだしました。
姪が風邪で休んでいます。


どうぞ、気を付けてお過ごし下さい。
小まめに少量の水分を取るのも、風邪予防になると聞きました。
喉に着く菌を流すのでしょう。


週末ですね。
良い一日、週末になりますように
(^人^)

《今日の作品》

七宝焼のブローチです。
6.5センチもある大きなブローチです。
暖色系の釉薬(絵の具)を7色使い、作ってみました。
評判良くて、ホッとしました。

フフフ♪
興味本位で、怖いもの知らずの作品作りをする私です(だから失敗も多いですf^_^;)

f:id:kinsankinsan:20151127001724j:image



広告を非表示にする