読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年賀状で又一年繋がる。

「そろそろ、会うことのなくなった人に年賀状出すの辞めようかな?!」
と、娘にポツリ言ったら、


「52円で、又一年友達でいられるなら、安いよ。」
と、いう言葉が返ってきた。


もう、10年以上会ってない人も多く、30年以上、私が子供の頃会ったままの人もいます。


それでも繋がっているのは、お互いに年賀状をやり取りする、この年に一度の交流のみです。


印刷の表裏に何の魅力も感じないのですが、友達からの年賀状は、一言コメントが付きます。


それも又、今年も会わないだろうと思いながらのコメント。


でも、その人との楽しかった時間を共有した思い出が、繋がりを切るのを躊躇わせます。


「52円で、又一年友達だ。」
と、娘の言った言葉を頭で繰り返し、ホッとした気持ちになっている、出して良かったと。


「来なくなったから、出さない。」
ではなくなっりました。


一方的な想いになっている人もなかにはいるけど、
「まだ、友達でいたいから、出す。」
という気持ちです。


夫は毎年枚数を減らします。
「来ているのに出さないで、繋がりを切る。」
そんな潔さ?私には全く無いです。



でも、貰う年賀状のコメント一言が、この頃、私の心を乱します。



昨年は二人の友達の年賀状に驚きました。
「訳あり、前の名字に戻りました。」
と、
「片方足を切断したけど、元気に過ごしています。」
です。


二人とも、携帯番号やアドレスも知らない、そして、長年年賀状のみのやり取りです。


「どうしたの?何があったの?」
の言葉もかけないままに、気になりながらも、又一年過ぎてしまいました。


そして今年の年賀状の一枚も
「娘が結婚しました。」
娘と二人ガッカリしました。



息子が1才の頃から仲良かった娘さんです。


同じ幼稚園に行き、息子以外とは手を繋ぐのを嫌がっていた、幼い頃の思い出が。。。(T_T)


違う小学校にあがっても、バレンタインデーにチョコレートくれたのに、息子はお返しを持っていかなかった。。。
終わった。。。。。


その時も、娘と一緒に残念がったような思い出が。


娘にとっても、同じピアノの先生から習い、会うと優しい姉のようで、好きだったのでしょう。


そして今年の年賀状で結婚を知り、
「兄の婚期は又伸びた。」
と、勝手に娘と二人で、お嫁さんに欲しい候補一位にしていたので、落胆も大きいです(T_T)


本人同士が、全くでしたね~(^。^;)


若い人達の年賀状離れが言われてますね。


でも、そんな娘夫婦なので、100枚以上出しているようです。


私は夫と合わせて、70枚位です。


息子は。。。一枚来ました(^^)


それぞれ、色々ですよね。


でも、年賀状、ギックリ腰でも、出した今年(いつも出すのが年末ですが、今年は年が明けてからになってしまいました。)


これからも52円の繋がりを、何本も持ち続けます。


みんな平和に暮らせて、来年のコメントに事件がありませんように(^人^)




日が落ちると寒く、早々雨戸を閉めて、少しでも冷気を遮断しようとしているこの頃です。


寒いですね~


喉のケアも大切ですね。
外出先で、飲み物を小まめに飲めば、喉に菌が留まらず良いとも聞きました。
風邪に気を付けて、寒さに負けないで、元気にお過ごし下さい。


楽しい週末となりますように(^人^)



《今日の作品》
暖色リースは如何でしょう?
色のパワーで、暖かさを感じて貰えれば嬉しいです。

f:id:kinsankinsan:20160116075029j:image




広告を非表示にする