抗がん剤治療をするか、選択。

近所の86才の女性が抗がん剤治療を拒否して癌で先日亡くなりました。


義母は、ちゃんと治療すればもっと生きられたのにと残念がっていました。


義母の言葉に共感出来ない自分がいます。


癌は悪くなって痛みなどの症状が出るもの。
検診などで見つかったときは、殆ど自覚症状も無く、普通に暮らせる状態。


その普通に暮らせる状態が抗がん剤治療によって、副作用、治療費と普通の生活が危ぶまれます。。。


治すため!と頑張るのだけど、生きる時間を延ばすため(延命)と思えてくると、やるせなくなる。


もし、70才代だったら、私はもう抗がん剤治療をしない!!
今は言えます。


60才代の叔母に抗がん剤治療を勧めましたが、70才代の母が迷ったら勧めない。
いや、自分で決めることだから、何も言わないです。


私自身、40才から今まで抗がん剤治療をして後悔はありません、まだ治る希望も持ってますから。


治る希望が無くなったときは、年に関係無く抗がん剤治療を止めようと思います。


癌治療、どうするか決めるのは、自分でなければいけないですよね。
他の人の後悔とならないように!



毎日抜ける髪の毛に、明日からかつら!?と思う日々。。。
こんなこと考えるのは凹みがちになっているかなf(^_^;



f:id:kinsankinsan:20161109121458j:image

元気貰います(^^ゞ

どうぞ皆さんも、風邪に気を付けて、良い毎日をお過ごし下さい(^人^)



広告を非表示にする