飼い猫ケンカして。

猫は家飼いの方が良いのは知っていますが、窓開け上手な飼い猫(ムーミン)をなかなか家飼いに出来ず、毎日散歩(見廻り)を黙認しています。


そんな窓がどこかしら開いてる我が家は、野良猫が置きっぱなしの餌を食べに入ってきます。


野良猫の寿命は短いのでしょう、2~3年で顔触れも代わりますが、絶えず1~2匹餌を目的に入って来てます。でも、この頃良く見る大きな鈴を付けた猫(どこかの飼い猫?)は餌の置いてない2階に来るのは不思議?住み始めたのかも知れませんね(*_*)


そんな原因を作っているムーミンは、野良猫の侵入を許しません。
とは言っても、こっそり入る猫に気が付かない時もかなり多いのですが。


侵入した猫を見つけると、追いかけて喧嘩のするのですが、ギャーギャー鳴くムーミンの声に、義母や夫は加勢して野良猫を共に追い出す、そんな騒がしさも日常的ですf(^_^;


でも、余り強くないのかも。。。。。
ムーミンは義母の愛猫、お坊っちゃまですから( ・ε・)


数日前の喧嘩で、額に傷を作りました。
そして昨日辺りから、腫れて食欲や元気も無かったようで、義母が心配して、
「獣医さんに連れていって!!」
と言うので、自転車の後ろに籠に入れたムーミンを乗せて行って来ました。


獣医さんは我が家の歴史あるカルテ(30年以上のものです)を見て、
「色々やっているね~(゜ロ゜)」
と。
内心で思いました。"はい。色々経験してます(-_-;)"


ムーミンはバリカンで額の毛を剃り、傷口から出た大量の膿を拭き取り、洗ってもらい、ガーゼを押さえるニットで帽子作って貰い、暫く消毒に通うことになりそうです(*_*)


高いですね~今回で7000円(ノ゜ο゜)ノ


ムーミンが怪我で通うのは初めてではありません。前も何回かありました。

2年前は、飼い猫2匹ノラから移されたダニで顔が大変な事になり通いました。

7年ほど前はモモが鼠取りのシートを身体に二枚付けてベタベタで帰宅して、それも獣医さんで身体の半分と尻尾をバリカンで毛を剃り取ってもらいました。

亡くなったサクラも、ベランダから飛び下りて足を挫いた時がありました。


"家から出さなければこんな事にはならない"、そんな災難ばかりです。


鼠や鳥や虫も取って来ないですしね(*_*)。。。


家飼いを理想と思いながらも、窓開け上手なムーミンの外出を黙認して、猫の喧嘩に人も加わる我が家です(ФωФ)


絶えず何かしらあるこの頃。。。
ペットも含めて、健康第一と思えます( ´人`)


帽子かぶり、いつもよりとても大人しいムーミンです。
f:id:kinsankinsan:20170211024227j:image














広告を非表示にする