柿食えば〜♪

木になる柿を取って食べた事が最近までありませんでした。


だから、民家などに良くある全ての柿の実が美味しそうに、食いしん坊の私は思っていました。


昨年、姉が田舎暮らしを始めました。


その土地に、柿の木が6本ほどあり、どの木もオレンジ色に美味しそうな実がなる時期に遊びに行きました。


姉や義兄も、どの木が美味しいか知りません。


はい( ´ ▽ ` )ノ
食いしん坊の私です(^^)
『全部味見してみよう♪』
と、義兄を付き合わせて、実を取りその場で皮を剥いて食べ始めました。


渋い。。。渋〜い。。。渋〜〜い。。。(T . T)


口に入れた途端、行儀悪く吐き出すほど。。。(T . T)


たった1本の木だけ、甘かったです。


柿って、見た目ではわからないのですね。昨年の秋、身を以て知りましたf^_^;)


毎週土曜に、農家の方が野菜を軽トラに積んで売りに来るのですが、先週、小さな柿も持って来ました。


『カラスが食べていたから、甘い木だと分かった。』
との事。なるほど。。。美味しかったです。カラスが教えてくれたのですね(^^)


渋柿を甘くする方法もあり、干し柿にしたり、焼酎をつけたりと聞きます。


でも、私は売っている柿を食べるのが一番です。渋柿は懲り懲りです(*_*)


秋の果物、食べていますか〜
美味しいですね
(^◇^)♪


《今日の作品》

ベネチアンガラスのペンダントです。
色が同色の物を集めて並べて焼き固めた作品です。

少し大きめなのですが、大きく焼くと、冷ます間に割れることも良くあり、カン箱に入れた石綿の間に挟んで、ゆっくり冷めるようにします。

それでも、数日後に割れる事も。。。
冬場は割れやすいと思えたので、夏焼いていました。

f:id:kinsankinsan:20151025220433j:image
広告を非表示にする