読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がん手術後、抗がん剤治療の時に出逢った良い話。

癌とは全く関係無い話ですが、抗がん剤治療の時だから心にとても残っている話があります。もう、12年以上前の話です。


乳ガンの手術後に、直ぐ抗がん剤治療が始まりました。
2週間起きに点滴をしに病院へ通います。
その治療は半年続きました。


点滴後は、気分が悪く、3日はろくに食べられず寝込む、1週間で少し元気になり、普通に暮らせ、又点滴。。。


段々と精神的に参り、通院日前に点滴のように気分が悪くなっていたのですが、ある時、友達が午後の通院前に買い物に誘ってくれました。


午前中、ただ通院する時間までを待つよりも良いのでは!と思い友達の車に乗せて貰い、コストコで買い物したのですが、運転に自信が無い友達に、私の家のそばまで車で来て貰うのは申し訳無く、家から3分ほどの場所で彼女の車を乗り降りしました。


家の側の道は、対向車が来るとすれちがえませんからf(^_^;


思いの外買いすぎてしまい、コストコの段ボールに荷物を入れて、友達と別れ家に向かい30秒も歩かないうちに箱が壊れ、買ったものをみんな道にばら蒔いてしまいました。


泣きたい気持ちでした。
家まで直ぐですが、荷物をまとめる物がありません。


とにかく、箱を組み立て直して、荷物を又入れて。。。


横を自転車やバイクが通りすぎました。
知っている人が通ってくれないかとも思いましたが、期待出来ないし、通院の時間も迫っているので急がなければいけません。


必死でした。


気が付いたら、通りすぎたバイクが戻って来て側にいて、
「箱をバイクに置いて下さい。」
と若い大学生位の男の子でした。


バイクの座る場所(何と言うのかな?)に又壊れそうな箱を置いて、荷物を全てその箱に入れて、その荷物を支えながらバイクを押して、
「前を歩いて下さい、着いて行きますから。」
と私に言いました。。。


歩いて3分もかかりません、でも私にはさっきまで途方にくれた距離でした。


家の玄関まで丁寧に置いてくれて、
「それでは。」
と、直ぐ行こうとするのを、道に落ちたけど、袋の被ったコストコのパンを渡すのがやっとでした。


凄く嬉しかったです。
凄く助かりました。


そしてその後、私は気分も良くなり、通院に何時もは重い足取りも、にこやかに軽くなってました。


最悪の気持ちになる日に、最高の優しさを貰えたと、何時までも忘れられない思い出です。


何処の誰かも全く分からず、顔も忘れましたが、この思い出は心に残り続けると思います。
ありがとう(^人^)


素敵な日をお過ごし下さい(⌒∇⌒)ノ"





f:id:kinsankinsan:20160904222750j:image


七宝焼のペンダントヘッドです。
一回焼いて出来る、簡単な作品を今回は作りました(腰痛でしたのでf(^_^;))