母入院、思春期の娘は💦

又、10年程前の、乳がん手術入院の時のお話を書きます。


手術前はリンパの転移はないだろうと言われ、退院も早いはずでしたが、手術している間のリンパ検査でガンが見つかり、脇の下のリンパ郭清もしたため、手術時間も入院も伸び、子供達の新学期を病院で迎えました。


手術時間が長くなったので、終わってもうろうとした中、心配していた娘が
『生きていた』
と泣いていたのを覚えています。

今回はこの当時中学2年の娘の話をさせていただきます。

入院数日後、学校が始まってから、娘が学校帰りに病室に来て、宿題もして、食事も私の夕食の半分を食べて、見舞い時間終了の放送で帰る日が続きました。

娘に、夫と義母に家を任せてあるので、『心配しているのでは?』
と何回か聞いたのですが、
『話して来ているから平気』
と言う言葉に、見舞いに来てくれるのも嬉しい私は、そのままに過ごしていました。

ガン保険で11日以上入院でその後も通院のお金が出るものに入っていたので、後2日ほどで11日となるので、後々の治療の事も考え、そのまま入院して抗がん剤治療してもらうのはどうかと、主人に相談した時に、
『1日でも早く帰宅して欲しい』
と言う言葉で、娘の事が分かりました。

主婦が多い家ですので、家事の手伝いを頼む事もなく育てた娘です。
義母も疲れてきていたのでしょう、女の子なのだから手伝って欲しいと思う(言う?)義母と険悪な状態だったようです。

家に帰ると部屋に閉じこもり、ご飯も『病院で一緒に食べた』
と部屋から出て来ない状態だと言われました。
保険を諦め退院を決めました。

退院後娘は、見舞いから帰って毎日泣いていたと言ってました。可哀想に、娘も耐えられるギリギリの生活をしていたのですね。

義母も、夫も疲れきっていたのですが、3才上の息子はみんなと上手く過ごしていたようです。

2週間おきの通いでの抗がん剤治療は、点滴した日から3日間位は余り動けません。
例え体調悪く寝込んでも、家に居るだけで良いようです。嬉しい事です。

今は
『あの頃は若かったから〜』
と娘は言ってます。

後の反省、入院より、通院の方が遥かにお金がかかります。見直しておけば良かったと。
ガン保険を昔入った方は、通院を見直すことをお勧めします。

《今日の作品》
かぐや姫?!です。
竹に入っていたのは赤ちゃんの方ですよね😊🌸
f:id:kinsankinsan:20150328130401j:plain





広告を非表示にする