後押し。

友達の亡くなったお母さんの事を、友達から前に聞きました。


40代で人工透析を勧められ、嫌がっていたそうです。


でも、人工透析をしなければ、何時まで生きられるか分からないという身体。


友達は結婚して、妊娠中でした。


「お母さんは、孫に会えなくても良いのね‼」
と言う友達の言葉に、人工透析を承諾して、それから10数年、人工透析しながらも、生きていて、孫を見て過ごしたようです。
看護師の仕事をしていた、優しく、しっかりとしたお母さんだったようです。


医療に関わる仕事をしていたからこそ、その治療が嫌だと思えたのかもしれません。


でも、娘さんの言葉に後押しされての人工透析。寿命も、延びた事は確かなのでしょう。


私の父も亡くなる数ヵ月前から人工透析をしました。
弱った身体に、人工透析後はとても疲れていました。フルマラソンで走るくらいの体力を
使うと聞いた事があります。
一度始めたら、死ぬまで続けなければいけない治療です。


身体の弱った父が人工透析を始めたことは、延命治療ではなかったかと、思えています。


治療を自分一人で決める事に、良いのかと疑問も持ち始めています。


私一人の身体ですけど、私一人の生活ではありません。


作品作りで現実逃避をしながらも、時々考えています。


前回のブログ、読んでいただき、ご心配かけて申し訳ないです。
ブックマーク、コメントへの優しい、お心遣いある言葉にも、胸が熱くなりました。
本当に感謝でいっぱいです(T_T)
平気です。
考えます。
少しづつ、自分一人の意志ではなく、と思えています。
廻りも少し見えてきました。


寒く、大雪の降った場所も、お気を付けて下さいね。


皆さん、どうか素敵な一週間となりますように
(^人^)


《今日の作品》

吊るし雛のちりめん布で作った紙ふうせんです。
子供遊び道具です(^^)

中に物が入れられるのですが、吊るし雛で飾るときは、綿を入れてあります。
f:id:kinsankinsan:20160125090859j:image

広告を非表示にする